様々あるコピペチェック プラグイン

ライティングの仕事を行う際に、最終段階で他の文章の引用がないかどうかをチェックする必要があります。一定文字数以上の引用は犯罪行為となっているため、納品を行う前に必ずチェックをしなければなりません。しかしこの作業を人が行おうと思えば時間がかかってしまいますし、また人的ミスが発生する可能性もあります。

コピペチェックを行う際には、人がやるよりもコピペチェック プラグインを使用したほうが確実ですし、時間をかける必要もなくなります。最近ではいくつかのコピペチェック プラグインが登場するようになりました。無料タイプもありますし、有料タイプも登場してきています。それぞれのコピペチェック プラグインでは機能が異なっているため、自分にとって使いやすいタイプを探していく必要があります。

作成した文章のコピペをチェックするためにコピペチェック プラグインを使用する場合には、有料のものだけでなく無料のタイプも含めて使用感を確認していくといいでしょう。無料タイプをまずは使用してみて、特に使用しやすいタイプを見つけていくのがおすすめです。その際には使用しやすいか、手際よくコピペチェックができるかなどを重視して選択していくといいでしょう。