コピペチェック プラグイン活用のすすめ

コピペチェック プラグインとは重複コンテンツを避けるために必要なプログラムです。Web上に完全に一致した文章がないか、また類似した文章がないかをテキストを張り付けることにより自動でチェックするシステムです。類似度を計算しコピー判定を行うことができます。チェックの種類にはweb上のチェック、テキスト間チェック、そしてクロールチェックの3種類があります。これはコピー文章を多角的にチェックすることが狙いです。

現在コンテンツマーケティングが様々な企業に認知され、外部ライターへの発注、委託が増えてきています。納品前にライターにコピペチェック プラグインを実施してもらうことにより、依頼者のチェックの手間の軽減が期待できます。結果画面はわかりやすく表示されるので、誰でも簡単にコピペチェックが行えます。

コピペチェック プラグインを使用するメリットは、知らない間に重複したコンテンツをアップロードしていた、というリスクを回避することが可能だということです。同じライターが類似した文章を納品してきた場合にもweb公開前にチェックすることが必要です。記事を外注する場合にはコピペチェック プラグインの実施をおすすめします。